Office 365のOutlookエラーコード80090016を修正しますか? ITエキスパートであり、管理している場合 Office 365 クライアントの場合、このガイドは、クライアントに表示される可能性のあるトラステッドプラットフォームモジュール(TPM)エラーの修正に役立つ場合があります。 一部のクライアントは、連絡先または電子メールを同期しているときに、資格情報の入力を求められます。 クレデンシャルを正常に入力すると、同じものを再度要求されます。 そして、次のエラーが発生します。

何かがうまくいかなかった。 コンピューターのトラステッドプラットフォームモジュールが誤動作しています。 このエラーが続く場合は、システム管理者にエラーコード80090016を連絡してください。

この状況では、サーバーメッセージは ‘キーセットが存在しません‘。 この問題の背後にある一般的な理由は、ファームウェアまたはTPMチップが最新ではないことである可能性があります。 TPMファームウェアをアップグレードする必要があり、それが役立つはずです。 または、以下の手順に従ってください。

参照: オーディオサービスの問題を修正–1つ以上のオーディオサービスが実行されていない

Office 365のOutlookエラーコード80090016を修正–コンピューターのトラステッドプラットフォームモジュールが誤動作している80090016:

手順に従って、Office365のOutlookエラーコード80090016を修正します。

解決策1-TPMをアンインストールして確認する

  • 打つ W8K + R と入力 devmgmt.msc の中に 走る、次にを押します 入力 開くためのキー デバイスマネージャ スナップイン。
  • から デバイスマネージャ ウィンドウ、下 セキュリティデバイス、右タップ トラステッドプラットフォームモジュール [X.0]、ここで、X.0はモデル番号です。 その後、選択できます デバイスをアンインストールします。 次に、確認プロンプトでアンインストール操作を確認します。
  • 出口 デバイスマネージャ。 次に、再起動して問題のステータスを確認します。

マシンを正常に再起動すると、問題は修正されます。つまり、TPMチップが実際に破損しているため、ハードウェアの交換を試みる必要があります。

それでも問題「Outlookエラーコード80090016」が発生する場合は、以下に示す他の解決策を試してください。

解決策2– Azure ActiveDirectory認証プラグインの名前を変更する

Office 365というか、Windows 10V1703以降のOutlookはAzureActive Directory認証ライブラリ(ADAL)フレームワークベースの認証を使用していると言えます。 Microsoftによると、Officeビルド16.0.7967以降は、サインインワークフローに(WAM)を使用できます。 認証の目的で使用されるプラグインの名前を変更すると、問題を解決できます。 別のアカウントでサインインするか、ネットワーク共有からこの方法を実行するだけで、このアカウントに面しているクライアントがサインオフされることに注意してください。 次に、以下の手順を試してください。

打つ W8K + R と入力 %appdata%LocalPackages Enterキーを押すか、[OK]をタップします。

から パッケージ フォルダの名前を変更します Microsoft.AAD.BrokerPlugin_cw5n1h2txyewyMicrosoft.AAD.BrokerPlugin_cw5n1h2txyewy.old

それを念頭に置いて Microsoft.AAD.BrokerPlugin_cw5n1h2txyewy 影響を受けるクライアントがログインするたびに、フォルダが自動的に再作成されます。Outlookを起動して、組織がデバイスを管理できるようにします。 TPMエラーが発生した場合は、それを無視してOutlookを引き続き使用してください。 ただし、エラー「Outlookエラーコード80090016」は表示されなくなる可能性があります。

結論:

Outlookのエラーコード80090016を修正する方法を理解していただければ幸いです。手順が役立つことがわかった場合は、それらを友達と共有して支援してください。 その他の質問や質問については、以下のコメントセクションでお知らせください。 また、フィードバックを私たちと共有することを忘れないでください!

貴重なフィードバックをお待ちしております!

また読む: