ディスククリーンアップツールは ウィンドウズ 長年。 ディスクスペースを解放するために、一時ファイル、キャッシュファイル、およびその他の重要でないファイルをすばやく削除する方法を提供します。 また、Windows 10にアップグレードした後、古いバージョンのWindowsを削除するためにも使用できます。ディスククリーンアップには、コマンドプロンプトまたはカスタムショートカットから実行した場合にのみアクセスできる多くの非表示のオプションもあります。 この記事では、Windows 10でcleandskを実行する方法–コマンドライン引数について説明します。 さぁ、始めよう!

組み込みのWindowsツールであるディスククリーンアップ。 cleanmgr.exe [実行]ダイアログから、多くの状況で役立つ可能性のあるいくつかの興味深いコマンドライン引数もサポートしています。 それらを確認して、どのように使用できるかを見てみましょう。

[実行]ダイアログで次のコマンドを入力すると、ディスククリーンアップに使用できるスイッチを確認できます。

cleanmgr.exe /?

次のスクリーンショットを見ることができます。

あなたが見ることができるリストは次のとおりです:

  • / Dドライブレター
  • / SAGESET:n
  • / SAGERUN:n
  • / TUNEUP:n
  • / LOWDISK
  • / VERYLOWDISK
  • /設定
  • / AUTOCLEAN

これらのスイッチの実際の意味は次のとおりです。

特定のドライブのディスククリーンアップを実行します。 ユーザーはドライブ文字を指定せずに指定する必要があります : 下の写真に示すように:

cleanmgr.exe /D C

cleandsk

上記のコマンドは、ドライブCのディスククリーンアップを起動します。

/ D引数をcleanmgr.exeの他のスイッチと組み合わせることもできます。

cleanmgr.exe / SAGESET | cleandsk

SAGESETキーを使用すると、cleanmgr.exeで選択したチェックボックスのプリセットを作成できます。 これを行うと、/ SAGERUNオプションを使用してプリセットを起動できます。 構文は次のとおりです。

cleanmgr.exe /SAGESET:number

コマンドはする必要があります 昇格(管理者として)を実行する

どこ number 0〜65535の任意の値を指定できます。SAGESETセッション中に選択したオプションは、レジストリに書き込まれ、後で使用できるようにそこに保存されます。 コマンドは昇格して実行する必要があります。
次のように使用します。

cleanmgr.exe / SAGESET:nを昇格させて開始したため、 Clean up system files モード。

技術的には、ディスククリーンアップに表示されるすべてのチェックボックスは、実際には次のレジストリブランチの下にある適切なレジストリサブキーを反映しています。

HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerVolumeCaches

Windows Upgrade Log Filesサブキーなどは、アプリケーションのユーザーインターフェイスの同じオプションを反映しています。

チェックするすべての値について、StateFlagsNNNN DWORD値の下にマークが付けられます。ここで、NNNNはSAGESET引数に渡した数値です。 / SAGESET:112コマンドの値StateFlags0112があります。

cleanmgr.exe / SAGERUN | cleandsk

引数/ SAGERUNを使用すると、ユーザーは/ SAGESET:nコマンドで以前に構成されたプリセットを起動できます。 構文は次のとおりです。

cleanmgr.exe /SAGERUN:number

以前の/ SAGESET:numberコマンドで使用したのと同じ番号を使用してください。
前の例と組み合わせて、次のことを行う必要があります。

クリーンアッププロセスは、確認プロンプトなしですぐに開始されます。 その後、ディスククリーンアップも自動的に閉じます。

このコマンドに/ D引数が指定されていない場合、すべてのドライブに適用されます。

次のコマンドは実際には文書化されていません。 それらを発見するために、Sysinternals ProcessMonitorとcleanmgrユーティリティのログを使用しました。 説明どおりに動作しない場合は、コメントで修正してください。

cleanmgr.exe / TUNEUP | cleandsk

コマンドは、SAGESET機能を記述する必要があります。 Windows 10でも、まったく同じことを行います。 SAGESETスイッチと同様に、レジストリにプリセットを書き込みます。 SAGESETの代わりに使用できます。 構文は次のとおりです。

cleanmgr.exe /tuneup:112

cleandsk

コマンドは昇格して実行する必要があります。

以前にSAGESETを使用してTUNEUPスイッチで指定された番号を構成した場合は、行った変更が反映されます。

この切り替えは文書化されていないため、Microsoftはいつでもその動作を削除または変更できます。 むしろSAGESETを使用することをお勧めします。

cleanmgr.exe / LOWDISK | cleandsk

このスイッチは、Windowsがユーザーにドライブのディスク容量が不足していることを通知するときに実際に使用されます。 通知をタップすると、ディスククリーンアップが開き、デフォルトですべてのチェックボックスがオンになっています。 次のように、[実行]ダイアログから実行することもできます。

cleanmgr.exe /LOWDISK

cleandsk

Enterキーを押すと、ドライブが分析され、使い慣れたユーザーインターフェイスが表示されますが、デフォルトではすべてのチェックボックスがオンになっています。

管理者特権のコマンドプロンプトからコマンドを実行して、システムファイルモードに切り替えることもできます。

cleanmgr.exe / VERYLOWDISK | cleandsk

/ LOWDISKディスクスイッチと同じですが、すべてのファイルが自動的にクリーンアップされます。 確認は表示されませんが、現在の空きディスク容量を示すためのダイアログが表示されます。
構文:

cleanmgr.exe /VERYLOWDISK

管理者特権のコマンドプロンプトからコマンドを実行して、システムファイルモードに切り替えます。

セットアップスイッチは、実際には以前のWindowsバージョンから残っているシステムファイルを分析します。 たとえば、Windows7からWindows10にアップグレードした場合、このスイッチを実行すると便利です。 また、管理者特権のコマンドプロンプトから実行する必要があります。

cleanmgr.exe /SETUP

次に、アプリケーションは、以前のWindowsインストールのファイルによって使用されたスペースを計算します。 これは、通常モードでディスククリーンアップのユーザーインターフェイスを使用して以前のWindowsインストールファイルをクリーニングするのとまったく同じです。 アプリケーションは、これらの次の場所を分析します。

C:$Windows.~BT*
C:$Windows.~LS*
C:$Windows.~WS*
C:ESDDownload*
C:ESDWindows*
C:$WINDOWS.~Q*
C:$INPLACE.~TR*
C:Windows.old*
C:WindowsPanther

ただし、アプリケーションはそれらを自動的にクリーンアップしません。 また、ユーザーインターフェイスも表示されません。 むしろ、検査できる2つのログファイルを書き込みます。

C:WindowsSystem32LogFilessetupclnsetupact.log
C:WindowsSystem32LogFilessetupclnsetuperr.log

上記と同じですが、アプリケーションは以前のWindowsインストールまたは以前のインプレースアップグレードからファイルを自動的に削除します。

次のフォルダが削除されます。

C:$Windows.~BT*
C:$Windows.~LS*
C:$Windows.~WS*
C:ESDDownload*
C:ESDWindows*
C:$WINDOWS.~Q*
C:$INPLACE.~TR*
C:Windows.old*
C:WindowsPanther

次に、アプリケーションは結果を次のログファイルに書き込みます。

C:WindowsSystem32LogFilessetupclnsetupact.log
C:WindowsSystem32LogFilessetupclnsetuperr.log

また、ユーザーインターフェイスは表示されません。

構文は次のとおりです。

cleanmgr.exe /AUTOCLEAN

コマンドは昇格して実行する必要があります。たとえば、昇格したコマンドプロンプトインスタンスからコマンドを起動する必要もあります。

結論

さて、それはすべての人々でした! このcleandskの記事が気に入っていただければ幸いです。また、お役に立てば幸いです。 フィードバックをお寄せください。 また、この記事に関連する質問がある場合もあります。 次に、下のコメントセクションでお知らせください。 間もなくご連絡いたします。

すてきな一日を!

参照: Windows 10のリセットアクセス許可–NTFSリセットアクセス許可